毎日がエブリデイ

登山道具のレビューと登山関連情報など

山行記録

大キレット&ジャンダルム!槍〜西穂テン泊縦走!【4日目】

2016/08/31

槍〜西穂縦走4日目。いよいよ最大の難所、奥穂〜西穂にいどみます。(装備1日目2日目3日目

ヤマテンによると本日も午前中は天気がもちそうとの事。

早朝、晴れてはいるものの前夜からの強風がおさまらずテントの撤収がなかなか大変です。いつもより早起きしたつもりが、結局出発時間はいつも通りになってしまいました。お隣の香川君はもうちょっと写真を撮ってから出発するとの事で、今日は前穂経由で上高地に下りるそう。なので出発前に小屋前で記念撮影。3日間ありがとうございました!

小屋から山頂までは30分程、モルゲンの中山頂を目指します。振り返って見ると素晴らしい景色。この縦走中はじめて穂先が見えた気がします・・・w

土曜日なので山頂はなかなかの賑わいっぷり。順番に写真を撮ったりしていると再び香川君にお会いしました。気がつけば山頂に30分も長居してしまいました・・・香川君ともう一度お別れの挨拶をして、いざジャンダルムを目指します。yarinishiho-220

ジャンダルムへ向かってちょっとすると、難所として有名な馬の背に到達します。ここでちょっとした誤算がありました。

先行のPTの方々がロープを使って下りていたのですが、なかなか苦戦されている様で大渋滞。かなりの強風の中、馬の背のピークで30分程待つ事に・・・。なるべく体を動かしたりはしたものの、手がかじかんできてしまい、ホールド出来なくなるのではと心配になりました。

もちろん安全確保は大事だと思うのですが、正直な所もうちょっと前後の状況を考慮してからロープを出して欲しかったなーと思います。山では特に譲り合いの精神が大切ですね・・・明日は我が身、僕も気をつけます!

先行のPTが下り終わると、待っていた皆さんは風除け&日向を求めて早々に下ります・・・でも焦りは禁物!yarinishiho-265

馬の背を下りおえると、ちょっと日向&風を避けれる場所がありました。束の間ほっこり。この辺から見るジャンダルムが一番もっこりしていてカッコイイですね。奥穂側からの直登ルートも登れるらしいですが、大きくX印があるので今回は大人しく西穂側から登ります。こっち側からは全然もっこりしていなくて、なだらか。拍子抜けする程簡単に登ることができます。

ですが今回最大の目標のジャンダルム。やっぱり嬉しいですね!

槍ヶ岳山荘でお会いした天使の設置者chokomakaさん、無事に到達しました!yarinishiho-285

ジャンダルムを登り終え、クリアー!と言いたいところですが、今日は西穂山荘まで行かなくてはなりません・・・まだまだ先は長く、むしろここからが本番です。

まずは天狗のコルを目指します。この辺りから自然とペースが近い方々とご一緒する感じになりました。同い年のN君と70歳の北さん(仮称)です。70歳で単独ジャンダルム・・・しかも健脚。奥様もかなりの方らしく、お二人で行った長次郎谷や十字峡の写真を見せていただきました・・・本当にスゴイですね。

天狗岳を越えると、有名な逆層スラブです。一見滑りそうに見えますが、斜度も緩く乾いていれば十分フリクションが効きます。鎖もありますので特に問題ないかと思いますが、濡れているとちょっと滑りそうですね・・・。そういえばちょうどこの辺で雨が降ったり止んだりしてきました。yarinishiho-301

逆層スラブの後は間ノ岳・赤岩岳を経て西穂へ登る事になるのですが、個人的にはこの辺が一番危険だと思いました。それほど難しい岩場が有る訳では無いのですが、岩が脆く浮石が多いです。恐らく長年手がかりとされてきたせいか、グリップを確かめた岩でも体重をかけると割れたりします。なので手がかり足がかりとする岩は慎重に確かめた方が良いです。そしてとにかく落石させないように足場を選んで登るので気疲れが・・・。

そんな感じで登りつつ、西穂山頂につけばとりあえず一安心。破線ルートはここまでです!疲れと達成感で、多分一番嬉しいピークだったと思います。奥穂側から来た人達は皆一安心といった感じで、表情が和らいでいました。
yarinishiho-309

さて、この先西穂から独標までですが、間にピークが9つもあります。なのでだんだん疲れてきて「次こそ独標だ・・・いや今度こそ・・・」と何度も騙されました。北さんも途中のピークにポケモンでも置いといてくれればもうちょい楽しいんだけど・・・と嘆いていらっしゃいました・・・お若いですね。

最後のピーク、丸山にくると岩稜帯はお終いです。やわらかい土の登山道がとても懐かしく、しかも歩きやすい・・・もはや愛らしくさえ感じますw

程なくして西穂山荘に到着です。お二人はロープウェイで下山するとの事でしたが、時間に余裕があったので4人でちょっとしたお祝い会。もう一泊の僕等だけビールを飲んでしまい申し訳無かったですが、とても美味しく、とても楽しい時間でした。yarinishiho-327

お二人を見送った後、売店でモツ煮&チャーシューをいただきました。久しぶりにお肉を食べたのでコレもめちゃくちゃ美味しい・・・。

この日はテン場はギッシリで学生さんも多かったのですが、皆さん早出の予定らしく、18時くらいには静まり返っていて逆にビックリ。

僕らは翌朝ゆっくりめに撤収してロープウェイへ。心惜しいですが、下山です。yarinishiho-359

思い返えせば、オリンピックと甲子園はガッツリ見逃し、天気もあまり良くなかったですが・・・それでも本当に楽しく、最高の山行となりました。ご一緒させていただいた方々、本当にありがとうございました。また何処かの山でお会いしましょう。

帰りの車で甲子園決勝、ぎりぎり見れましたw

ランキングバナー

ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

Amazon登山楽天アウトドア12060

スポンサーサイト

-山行記録

人気記事

1
【2017NEWモデル】NEMO ANDI 1Pレビュー

じゃじゃーん!買ってしまいました、アンディ1Pちゃん!2017NEWモデルです! ...

2
シリコンクッカー【SEA TO SUMMIT】X-セット32

X-セット32 僕は山でもしっかり料理を楽しみたいタイプなので、クッカーは結構大 ...

3
人気の新型ザック【GREGORY】ZULU 55

【GREGORY】ZULU 55 (M) サイズは別として、ZULU背負ってる方 ...