毎日がエブリデイ

登山道具のレビューと登山関連情報など

テント・タープ・シェルター

【PaaGoWORKS】NINJATARP

1枚で様々な形状に張れる大人気のマルチタープ。素材は30Dシルナイロンで重量約500g。昨年買おうか迷ってるうちに完売してしまい、今年は発売と同時にすぐ買いました。

付属品は本体+スタッフバッグ、ガイライン6本+スタッフバッグ

ninjatarp-3 ninjatarp-1

あれ?587g?

他の方のblogを見ると去年のモデルは同じ条件で490gとかだったはず・・・ちょっと気になったのでパーゴワークスさんに質問してみた所以下の回答をいただけました。

お問い合わせ頂いたニンジャタープの重量ですが、手元にあるサンプルを計測したところ、580〜590gでした。また仰る通り昨年の物は500gを切っていました。

重くなった理由ですが、耐水圧を高めるため生地にPUコーティング施しました。

生地生産・製品生産とカタログ作成が同時進行だった為、カタログ上での重量表記は昨年のものを引用したのですが、こちらの確認不足でした。申し訳ありません。

また、返品にも対応していただけると誠実なご返答でした。カタログ上の表記もあくまでも"約500g"ですから、個人的には多少の重量変化も仕方がないかと思います。耐水圧も上がってますしね。2016モデルのニンジャタープは重量約580~590gです。

さて、気持ちを切り替えて本体のレビューです。本日雨の為室内で頑張りました!ちょっと部屋が散らかってますがご容赦ください。ガイポイントが21箇所もあるので設営の自由度はかなり高いです。また、付属のガイラインも本体側でテンションを調整出来るので設営が楽でいいですね。

ninjatarp-5

ガイポイントとガイラインを自由に組合せ。右側のドローコードを絞ると本体の前後2辺を絞りこめます。

ガイポイントとガイラインを自由に組合せ。右側のドローコードを絞ると本体の前後2辺を絞りこめます。

続いてストックをたててみます。中央と前後の3箇所にストックを固定するベルクロが付いていますが、正直これは使い辛いです・・・ベルクロの長さが短いからか、付いてる向きが悪いのか・・・。中央部分の生地は補強されているのでワンポールシェルターの様にする場合、テンションをかけても大丈夫そう。

ninjatarp-8

ストックの場合はガイポイントのループに、タープポールの場合は金属のリングに刺すようです

ninjatarp-7

ストックをちょっと奥に入れた所。本体を絞り込めるので自立します。

ninjatarp-6

中央部分は生地が補強。ベルクロは使いにくくてちょっと邪魔かも。

先日、テントとの組合せも試してみましたのでご参考までに。テントはNEMOのTANI LS2Pです。長辺出口の上全てが屋根になる感じで奥行きもあります、4人くらいは座れそう。雨が降っても外でお鍋したり出来るのがいいですね。

ninjatarp-9 ninjatarp-10

今調べてみたんですが、人気商品だけあって何処も売り切れ中みたいですね。

↓で再入荷のお知らせ登録できるそうです。

ランキングバナー

ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

Amazon登山楽天アウトドア12060

スポンサーサイト

-テント・タープ・シェルター
-

人気記事

1
【2017NEWモデル】NEMO ANDI 1Pレビュー

じゃじゃーん!買ってしまいました、アンディ1Pちゃん!2017NEWモデルです! ...

2
シリコンクッカー【SEA TO SUMMIT】X-セット32

X-セット32 僕は山でもしっかり料理を楽しみたいタイプなので、クッカーは結構大 ...

3
人気の新型ザック【GREGORY】ZULU 55

【GREGORY】ZULU 55 (M) サイズは別として、ZULU背負ってる方 ...