毎日がエブリデイ

登山道具のレビューと登山関連情報など

山小屋・テント場

常念小屋テント場

zyonengoya01

登山口となる一ノ沢からは約4時間半、三股からは約8時間で到着する事が出来ます。常念岳山頂へは約1時間の登り。小屋から見上げるとこれ登るのか・・・とちょっと思うかもしれませんが頑張りましょう。

テント場は林をはさんで2箇所あり、どちらもなかなかの広さ。トイレもそれぞれに仮設トイレが設置されています。仮設トイレでは有りますが、きちんとお掃除がされている様で、僕が利用した時はなかなかキレイでした。

zyonengoya03 zyonengoya04

テン場は傾斜がきつめな所が多く、平な所を探すとテン場下部のトイレ付近になってしまいます。混雑時は人通りがちょっと気になるかもしれないのと、雨天時は上部から水が流れてきそう。張る場所はちょっと考えた方が良さそうです。

今回は蝶ヶ岳で仲良くなった方と一緒に、奥側のテン場下部に張りました。張ったのはNEMO VEDA1P。ご一緒した方も同じくNEMO!ANDI LS2P、2015モデルはカッコイイですね。今年のモデルは吊り下げにモデルチェンジして利便性があがってるけど見た目は賛否がわかれそう・・・1Pモデルが有ればちょっと欲しかったかも。

話がそれましたが、張った場所は傾斜も少なくトイレも程よい距離。ハイマツが風よけにもなってくれそうです。鞍部に位置しているためか、風は蝶ヶ岳よりは弱い印象。ただし稜線上には変わりませんので設営はしっかりとした方が安心です。

zyonengoya05

 

テント場の話とはちょっとそれますが・・・

以前は山頂を迂回できる、前常念方面と常念小屋を結ぶトラバース道が有りました。山頂を経由すると約1時間45分、トラバース道を使うと約1時間となかなか便利な道だったのですが崩落により現在は廃道となっております。テン場から見ると行けそうに見え、ネット上でも通れるという情報もチラホラ・・・

zyonengoya06

実は今回、三股への下山に利用しました。

お叱りをうける事と思いますが、ネット上で通れるという情報があり、それを信じて突入してしまう方もいらっしゃる様ですので書く事にします。

結果からすると、通っては駄目ですね。途中まではわりと行けますが、奥地は踏み跡も無くなりコースを見失う危険性が高いです。また、足場の無い場所で藪漕ぎをする事になるのですが、谷側にハイマツが押し戻してくるのでとても危険・・・松ヤニもべっとりです。途中道が不明瞭になり、登れそうなガレ場が有りますが、登ってはいけません。登ると最悪降りられなくなります。

結局通過するのに2時間程かかりました。時間的にも体力的にも山頂を経由した方が絶対に良いです。そして何より危険ですので、絶対に使用するのはやめましょう。大反省です・・・。

 

常念小屋テント場

  • 張数 40張
  • 料金 一人1,000円(トイレチップ込)
  • 水場 なし。小屋購入1L200円
  • 地面 石まじりの土。傾斜多いです。
  • 携帯 docomo良好(docomoの電波塔が有ります)
  • 標高 2,450m

ランキングバナー

ランキング参加中!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

登山 ブログランキングへ

Amazon登山楽天アウトドア12060

スポンサーサイト

-山小屋・テント場

人気記事

1
【2017NEWモデル】NEMO ANDI 1Pレビュー

じゃじゃーん!買ってしまいました、アンディ1Pちゃん!2017NEWモデルです! ...

2
シリコンクッカー【SEA TO SUMMIT】X-セット32

X-セット32 僕は山でもしっかり料理を楽しみたいタイプなので、クッカーは結構大 ...

3
人気の新型ザック【GREGORY】ZULU 55

【GREGORY】ZULU 55 (M) サイズは別として、ZULU背負ってる方 ...